わが家という住まいの違いは

アパートって住居は感触の違いがありますが、厳格な違いと言うのはいったいどこにあるのでしょう。感触的なイメージ誘導で考えた場合にはアパートは大きな家、住居はちっちゃな家という予測が強いだ。アパートの場合には高層アパートと呼ばれるような大きな家を中心としてあり、適切家という予測を持っている人も多いでしょう。一方で住居の場合はちっちゃな家、2フロア建てや3フロア建ての集団家という予測を持っている人が多いと思います。
その予測と言うのはなかば結論ともいえます。
家が大きくなる、小さくなると言うのは当然の事であり、アパートといった住居には組み立ての違いがあるからです。
アパートは大きな家となるため、鉄筋といったしっかりとした拠点が必要になりそれだけ丈夫な家となるのです。一方で住居は二フロア建てや三フロア建てというちっちゃな家が中心になるので木造といった拠点が簡単な家になるのです。