最安値で堅持

去年ユーズド物件を購入しました。持続は去年の3月でしたが取り引きは一昨年の9月でした。その頃は依然として民主党政権で地価もかなり下落していたうちでした。
マイホームは以前から探していたのですが実に愛する建物が見つかりませんでした。勿論利潤に糸目を擦り込みなければ、ドッサリあったのですが、金額に要件がありましたから、その範囲で探すとなるとどうしても簡単にはいきません。額はもちろんのこと、事態や、マイホームの間取りという広さ、築年季、リフォームにはいくらぐらいかかりそうかについてや、敷地の広さなど、様々な制約をクリアした建物でなければなりません。それでも希望に100百分率沿った建物などないことは分かっています。ですからどこで決断するのかということが非常に難しいところでした。
至福なんとか選定にのぼる建物に巡り会えて契約したのですが、売り主君の都合で持続は半年事後となりました。それでもその頃にはアベノミクス効果なのか地価がのぼり始めていたのです。
最安値で持続出来て幸運でした。