不動産を購入するために

超低金利時代で銀行に預けても、なかなか増えないので、ご自身で資産運用を考えている方が増えています。
最近ではデフレ脱却のために様々な努力がなされていますが、不動産投資はインフレ時にも強いという特色があります。

 

不動産投資では家賃を主な収入源(インカムゲイン)としていますが、家賃は景気の変動を受けにくいため安定した収入になりやすいです。
将来地価が上がった場合は、物件を購入して売却することで得られる売却利益(キャピタルゲイン)も期待できます。

 

相続税対策や節税効果も見込めます。
その代わりに家賃を収入源としていると空室が続くと家賃収入が入らなくなる、不動産を購入するために高額な資金が必要、建物は経年劣化していくので長期修繕計画が必要、変動金利のローンを選択して不動産を購入した場合は金利上昇リスクがある、地価の下落リスクがあるなどのデメリットがあります。

 

しかしご自身が住むわけではないため、どの地域にある投資用物件でも自由に選択できます。